カテゴリ
フリーワード検索
おすすめ商品
お支払いについて
休業日
2017年9月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
 が休業日

お知らせ - 2013年6月17日

40連LEDアレイモジュールの出荷時スレーブデバイスアドレスについて。
 40連LEDアレイモジュールにて、出荷時のスレーブデバイスアドレスが、取扱説明書等に記載されている「0xD0」ではなく「0xD6」になっていることが判りました。出荷時検査プログラムでカスタムアドレス変更登録試験の際0xD6に変更したまま戻されていなかったのが原因です。

 既にご利用された方には、大変ご迷惑をお掛け致しました。
 (今後出荷される製品は0xD0となります)

 対処法としては、0xD6でご利用頂くか、もしくはデバイスアドレス0xD6宛てに「0xF0 0xD0」を送信することで0xD0にデバイスアドレスを戻すことができます。(詳しくは、取扱説明書9ページの「Point Address=0xF0」の項、及び10ページの「I2Cカスタムスレーブデバイスアドレス設定」の項をご覧下さい)



 また、一部の開発ツールではデバイスアドレスを8bitではなく7bitで指定する仕様になっている場合があります。もし7bit仕様の開発ツールをご利用の場合は「0xD0>>1」のようにシフトしてご利用下さい。
KitaLab | ご注文の流れ・送料 | 個人情報の取扱いについて | 特定商取引法に基づく表記 | お問い合わせ
Powered by KitaLabEC. / Copyright (C) 2012 KitaLab. All Rights Reserved.